第27回東播磨地区消防操法大会に出場しました

平成30年6月3日(日)午前9時00分から兵庫県広域防災センターで第27回東播磨地区消防操法大会が開催されました。
東播磨地区3市2町の消防団から全10チーム(ポンプ車の部2チーム、小型ポンプの部8チーム)が選抜され、消火技術を競い合いました。
明石市消防団からは、西明石班と岡ノ上班の2チームが小型ポンプの部に出場し、西明石班が3位入賞を果たしました。

≪第27回東播磨地区消防操法大会 結果≫

ポンプ車の部  2隊

出場順番 所 属 結 果
加古川市消防団鳩里分団 優 勝
高砂市消防団曽根分団

小型ポンプの部 8隊

出場順番 所 属 結 果
稲美町消防団天満南分団六分一部 優 勝
明石市消防団西明石班 第3位
明石市消防団岡ノ上班
加古川市消防団加古川分団
高砂市消防団米田分団 準優勝
播磨町消防団野添分団
稲美町消防団天満北分団国岡部
播磨町消防団古宮分団

 ※第4位以降の結果はありません。 

<開会式>

3市2町の消防団員、約400名が整列し開会式がとり行われました。
明石市消防団からは、出場選手(10名)を含め、応援及び補助に約80名が参加しました。

<西明石班 その1>

西明石班は小型ポンプの部の2番手で出場しました。
定位(操法をはじめるにあたって、配置につかなければならない位置)で指揮者の号令を待っているところです。

<西明石班 その2>

指揮者の「操作はじめ」により、各員が一斉に動き出します。
役割を分担し、いち早く、また規律を持ってホースの延長を行います。

<西明石班 その3>

1本20mのホースを3本伸ばし、筒先を結合、放水して「火」と書かれた的を倒すまでの所要時間は45秒です。この時間を目指し、素早く連携のとれた行動をとります。

<岡ノ上班 その1>

岡ノ上班は、小型ポンプの部の3番手で出場しました。

<岡ノ上班 その2>

指揮者、1番員はホース3本を火点へと延長し、2番員、3番員は吸管(水を吸うためのホース)を伸ばし、水を吸い上げる用意を行います。

<岡ノ上班 その3>

連携をとることで、より素早い行動ができるようになります。
連携は多くの訓練によって築き上げられます。消防団員は、それぞれの仕事が終わった夜遅くから訓練に取り組んできました。

<表彰伝達>

閉会式で入賞者への表彰伝達が行われました。
開催事務局の稲美町消防団 丸山消防団長から表彰状と楯が授与され、西明石班の指揮者を務めた福田団員と1番員を務めた吉田団員が代表で受領しました。

<次回開催地挨拶>

消防操法大会は2年に1回に開催されており、次回2020年の開催事務局である明石市消防団を代表し、安達消防団長から挨拶と万歳三唱が行われました。


明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 消防団担当 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5274 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*