住宅用火災警報器


住宅用火災警報器1

設置の必要性

建物火災による死者の約6割が、逃げ遅れによるものです。

今後、高齢化が進むとともに死者数は増加するおそれがあるため消防法が改正され、平成18年6月1日から設置が義務化されました。

住宅用火災警報器は火災の発生を早期に知らせ、あなたやあなたの家族の「命」「財産」を守ります。

※マンションなどで、すでに「自動火災報知設備」や「スプリンクラー設備」などが設置されている場合は除きます。

設置が必要な場所

基本的な取付け場所は、就寝に使用する部屋(寝室・子ども部屋など)に設置します。

一般住宅で、2階や3階に寝室がある場合には、避難経路である階段部分にも設置が必要です。

住宅用火災警報器4

住宅用火災報知器の種類

「煙式」と「熱式」の2種類があるので、お住まいの住宅にあったタイプを選んでください。

「煙を感知するタイプ」

寝室、階段に設置します。(その他広い用途に有効です。)

「熱」を感知するタイプ

主に台所に設置します。(明石市は台所に設置義務はありません。)

取付位置

  1. 天井に取付ける場合、住宅用火災警報器の中心を壁から0.6メートル以上離して取付けます。
  2. 天井に取付ける場合、梁などがある場合は、梁から0.6メートル以上離して取付けます。
  3. 天井に取付ける場合、エアコンなどの吹き出し口がある場合は、吹き出し口から1.5メートル以上離して取付けます。
  4. 壁に取付ける場合、警報器の中心が天井から0.15メートルから0.5メートル以内に取付けます。

購入方法

住宅用火災警報器は、ホームセンター・家電販売店などで購入できます。

住宅用火災警報器で助かった例

40歳男性。タバコの火を完全に消さず灰皿へ。

吸殻へ燃え移り、大量の煙が発生したのにも気付かず、男性は熟睡してしまいました。

しかし、ここで煙を感知した住宅用火災警報器が大活躍。

大音量の警報音で目が覚めた男性は、自宅に置いていた消火器でタバコの火を消すことに成功。

男性はひとまず胸をなでおろしました。

関連リンク