119番による口頭指導


《口頭指導による応急処置》

応急処置

明石市消防本部では119番通報を受信したときに通報内容から応急処置が必要と判断した場合は、電話を切断することなく通報者に対して応急処置の方法を指導します。指令員の指示どうりに周りの方たちと協力して応急処置を行ってください。特に呼吸・脈拍が停止している場合に行う心肺蘇生法は一刻を争う大切な応急処置です。大切な方のためにもしっかり覚えて、救急車が到着するまでの貴重な時間を活用しましょう!

 

※消防緊急情報システムの導入により、電話回線を切断することなく自動で出動指令を行うことが可能となったため、指令員が行う口頭指導をしっかりと聞いて落ち着いて応急処置を行ってください。

《関連リンク》