119番緊急通報について


119番明石消防です
119番通報をかけたことがあるという方は、少ないと思います。普段知人に電話を掛けるときに緊張したり、興奮することはありませんが、家族が怪我や病気のときに掛ける119番という緊急通報では、緊張と興奮により、自宅の住所すら言えなくなることがあります。いざというときに備えて、電話元に住所と電話番号が分かるようなもの貼っておきましょう。

《119番通報例》

指令員119番通報

 

 

 

【指令員】
119番です。火事ですか?救急ですか?

【通報者】
火事です! 救急です!

【指令員】
場所はどちらですか?住所をお願いします。

【通報者】
○○町○○番地です。

【指令員】
もし、住所がわからない場合は、周囲の交差点名など目標になるものを教えてください。

【通報者】
(例1)○○郵便局の前です。
(例2)○○交差点です。

【指令員】
(火災の時)何が燃えていますか?
※このときに、炎の大きさや怪我人がいるかなど、詳しい内容を聞きますので、慌てず落ち着いて答えてください。
(救急の時)どうされましたか?
※病気、怪我などの種別と現在の状態を詳しく答えてください。

【通報者】
(火災のとき)→(例)○○が燃えています。
(救急のとき)→(例)転倒したときに、後頭部を打ちました。

【指令員】
あなた(通報者)のお名前と電話番号を教えてください。

【通報者】
(例)明石太郎です。電話番号は078-000-0000 です。

【指令員】
消防隊、救急隊が到着するまでに、情報指令室より再連絡することがあります。


関連ページ