トライやる・ウィークを実施しました

市内の中学生が消防業務を体験

明石市消防本部では、トライやる・ウィークの実施に伴い平成26年6月2日月曜日から6月6日金曜日までの5日間、明石市内13中学校から26名の生徒を受け入れました。予防業務、警防業務及び情報指令業務を学ぶとともに、職員と一緒に毎朝の車両手入れや、救助訓練、放水訓練等の現場活動業務を体験しました。また、心肺蘇生法の技術を身につけるために市民救命士講習を受講しました。

 活動の様子
学習風景
消防の業務には、火災、救助、救急等の現場活動以外にも予防業務、警防業務、情報指令業務があり、これらの業務について学びました。
車両手入れ

いつ発生するか分からない火災や救急等の災害に対して、万全の態勢で活動できるように毎朝の交代時に消防車両及び資機材の点検を実施しています。その重要性を分かってもらうために、職員と一緒に毎朝の車両手入れを行い、体力練成にも励みました。

車両手入れ1車両手入れ2車両手入れ3車両手入れ4

救助訓練

救助訓練ではロープを渡ったり、7mの高さまで上がり、建物の中に侵入する訓練のほか、空気呼吸器を背負い救助する訓練を体験しました。

三連はしご1

放水訓練

放水訓練では、総重量約10キロの防火衣(消火活動時火から体を守る服)を着て放水しました。

放水1放水2市民救命講習

市民救命士講習では、命の大切さを知ってもらい、周りで心肺停止患者が発生した場合でも、すぐに対応できるように熱心に講習を受けました。

市民救命士講習2

 

救助訓練や市民救命士講習など普段の学校生活の中ではできない体験を通して、命の大切さや仕事の厳しさを学んでいただけたと思います。最初は、不安げな面持ちで元気のない様子でしたが、日を追うごとに規律のある動作で訓練等に取り組めるようになりました。

このトライやる・ウィークで得たものを忘れず、これからの学校生活やご家庭の中で活かせていただけたらと思います。

 

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*