平成28年秋の火災予防運動を実施しました!!

「消しましょう その火その時 その場所で」

(平成28年度 全国統一防火標語)

市民の皆様に防火・防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、 火災の発生を防ぎ、火災から尊い 命と大切な財産を守ることを目的として、火災が発生しやすい時季に毎年実施しております。今年も期間中に重点的な火災予防啓発活動を実施しました。

秋の火災予防運動期間
平成28年11月9日(水)から11月15日(火)まで

(取組内容)

1 住宅防火対策の推進

住宅用火災警報器の普及啓発を実施!!

65歳以上の方の割合が高い自治会又は町内会の一般住宅に、消防職員が訪問し、住宅用火災警報器の設置状況についての聞き取り調査を行いました。

未設置であった住宅へは設置を推進し、設置されている住宅へは定期的に作動確認を実施するよう、維持管理についての広報を同時に行いました。


10年たったら、とりカエル。

住宅用火災警報器は10年を目安に交換をおすすめします。古くなると電子部品の劣化や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあります。
torikaeru_B

~作動確認をしてみよう!!~ 住宅用火災警報器


庁内モニターでも広報を実施しています!!

明石市役所や市民センターに来庁された方に、住宅用火災警報器を知っていただくために、市役所内に設置されているモニターに、住宅用火災警報器について掲載しています。来庁される際には是非ともモニターに注目してみてください。

モニター設置場所:

本庁舎窓口2階市民課待合(2か所) 本庁舎議会棟1階こども育成室窓口 本庁舎事務棟1・2階各1台エレベーター前 本庁舎事務棟2階コンビニ出入り口脇 大久保市民センター 魚住市民センター 二見市民センター

cimg0934
本庁舎事務棟1階エレベーター前
cimg0936
本庁舎事務棟2階コンビニ出入り口脇

2 福祉施設における防火安全対策の徹底

夜間帯を想定した訓練指導を実施!!

市内の宿泊を伴う福祉施設、「和心の家 二見」において、夜間帯を想定した防火訓練を実施しました。

職員が少ない夜間において、火災を発見し、早期に通報し、安全・確実に利用者の避難誘導を行います。利用者が安心して暮らせるよう、関係者の防火意識を高め、訓練により得られた結果をもとに、更に適切な防火管理体制を築くことを目的としています。

cimg0907
消防職員と共に施設の消防設備を確認し、訓練開始。
cimg0916
訓練用の水消火器を使用し、本番さながらの消火訓練を実施。

3 不特定多数の方が利用する施設の防火安全対策の徹底

市内の施設に対して特別査察を実施!!

高齢者の方が入居する施設、不特定多数の方が利用する施設に対して特別査察を実施しました。

対象物 査察件数
福祉施設 25
旅館・ホテル 13
複合用途防火対象物
危険物施設 33
合計 75

明石市消防局 予防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 予防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5272 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*