平成28年度緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加しました

平成28年10月22日(土)、23日(日)、奈良県の橿原市と五條市で平成28年度緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練が実施されました。

兵庫県全体で26隊109名が参加し、そのうち明石市消防本部は、東播ブロック指揮隊と後方支援小隊の2隊9名が参加しました。

 

【訓練想定】

奈良県中南部地域で震度6強の地震を観測、甚大な被害が発生したため、奈良県は総務省消防庁に緊急消防援助隊の出動を要請。要請を受けた各府県の応援部隊は被災地へ向かい、災害現場(訓練現場)において消火活動、救助活動、救急活動を実施しました。

1日目[10月22日(土)] 実際の出動と同じように兵庫県隊は三木市にある兵庫県消防学校に集結し、その後、奈良県に出発しました。
1日目訓練[10月22日(土)]
実際の出動と同じように兵庫県隊は三木市にある兵庫県消防学校に集結し、その後、奈良県に向けて出発しました。

1日目訓練[10月22日(土)] 奈良県に到着した兵庫県隊は兵庫県指揮支援隊の指示により各災害現場(訓練現場)に向かい、活動を開始しました。
1日目訓練[10月22日(土)]
奈良県に到着した兵庫県隊は兵庫県指揮支援隊の指示により各災害現場(訓練現場)に向かい、活動を開始しました。
1日目[10月22日(土)] 野営訓練では、後方支援小隊によって野営地設営や炊き出し等の後方支援活動を行い、活動隊員の疲労軽減を図りました。
1日目[10月22日(土)]
野営訓練では、後方支援小隊によって野営地設営や炊き出し等の後方支援活動を行い、活動隊員の疲労軽減を図りました。
2日目訓練[10月23日(日)] 明石市消防本部から参加している東播ブロック指揮隊は他都市の指揮隊と協力し、災害現場(訓練現場)の指揮統制を行いました。
2日目訓練[10月23日(日)]
明石市消防本部から参加している東播ブロック指揮隊は他都市の指揮隊と協力し、災害現場(訓練現場)の指揮統制を行いました。
【緊急消防援助隊とは】大規模な災害が発生したとき、被災地の消防機関だけでは対応できません。そのような場合に、被災地からの応援要請を受け、地域を超えて被災地に出動し活動する応援部隊のことをいいます。

明石市消防本部は、平成23年東日本大震災、平成28年熊本地震に兵庫県隊として出動しています。

 

明石市消防局 警防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 警防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5271 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*