11月9日は「119番の日」

%e3%82%ad%e3%83%bc%e3%83%97%ef%bc%92

119番の日について

緊急通報用電話番号である「119」の語呂合わせで、昭和62年に毎年11月9日が「119番の日」として制定され、この日を機会に、正しい119番通報や消防全体の仕事についての理解を深めていただき、防火防災意識の高揚を図っています。


119番通報の仕組み

今やほとんどの人が所有している携帯電話、最近ではスマートフォンの普及に伴い2人に1人がスマートフォンを所持している時代です。

携帯電話で119番通報すると、隣接都市付近(神戸市や加古川市)以外であれば明石市消防本部の高機能消防指令センターに繋がります。しかし、GPS機能が付いていてもおおよその場所しか特定できず、半径数kmの誤差が出ることもあります。その場所の住所が言えない場合は、周りの建物や交差点名など目標物を言っていただくことで通信指令員が場所を特定しますので、あせらずに通信指令員の質問に答えてください。

固定電話で119番通報をすると、統合型位置情報通知装置との連携により通報者の住所情報や付近地図が表示されますが、確認のために住所と電話番号をお聞きしますので、自分の家や勤めている会社の住所などは普段から言えるようにしておきましょう。

119番通報要領はこちらをクリック ☞ 119番緊急通報について


限りある回線・限りある緊急車両

明石市消防本部では1本部・1消防署・6分署の体制で組織され、消防本部の一室にある「高機能消防指令センター」で市内全域の119番通報を受付ています。

最先端の技術、通信システムを駆使し明石市民の安全安心のために全力を注いでいるところですが、この119番回線も無限にあるわけではございません。

緊急性のない119番通報が、約3割

平成27年中に消防本部が受付した119番通報の件数は、20,813件で1日に平均すると57件、約25分に1件の割合で受付したことになります。

その内、緊急を要しない通報は5,897件で全体の約3割を占めています。(表1 「119番受付件数」参照)

 

  平成27年 平成26年 対前年増減
119番受付件数 20,813件 21,631件 818件減
緊急を要する 14,144件 13,611件 533件増
緊急を要しない 5,897件 7,329件 1432件減
119番1日平均 57件 59件 2件減

表1「119番受付件数」

 

緊急を要しない通報には以下のようなものがあります。

 「~の電話番号が知りたい」

 「~の搬送先を教えて」

 「~でサイレンの音が聞こえるけど何かあった?」

 などなど・・・。中にはまったく消防や救急とは関係のない内容も・・・。そういった119番通報が増えてしまうと、一刻を争う本当に救急車や消防車が必要な方からの通報が遅れてしまいます。

 

119番は「緊急通報用電話番号」です!!

 

消防に関する問い合わせ、また、病院案内などについては消防本部代表電話をご利用ください。

明石市消防本部代表:078-921-0119


いざという時のために

「119コールシート」の活用を

普段かけることのない119番。突然の災害や事故、急病人の発生など、一刻も争う事態では興奮や動揺が邪魔をして伝えたいことも伝えられない状況になりがちです。

消防本部では、いざという時に落ち着いて119番通報ができるように「119コールシート」を作成しています。

「119コールシート」は119番通報時に通信指令員が通報者にお聞きする内容が書いてあり、空白部分を記入して部屋の普段よく目にするところに貼っておくだけで、火事や救急車が必要な時に、正確・迅速に119番通報ができるようになる便利なアイテムです。是非ご活用ください。

119コールシート 表面
図1「119コールシート表面」

119コールシート表面には通信指令員が通報者にお聞きする内容が左側に記載されています。右側の白抜き空白部分を事前に記載していただくことで、正確に落ち着いて通報できるよう工夫しています。(図1「119コールシート表面」参照)

119コールシート 裏面
図2「119コールシート裏面」

そのほか「119コールシート」には、家族や同僚など自分の身近な人が突然倒れ反応がなく心肺停止が疑われるときなど、119番通報時に指令員によって行われる「口頭指導」(救急通報により指令員が適切なアドバイスを行うこと)を、より理解し易くするため、心肺蘇生に必要な「胸骨圧迫(心臓マッサージ)部位」なども掲載しています。(図2「119コールシート裏面」参照)

折りたたむと完成↓↓

119コールシート完成版
この状態で普段よく目にするところに貼ってください
 「119コールシート」を使って、正確で迅速な119番通報を行いましょう 😆

💡  次の場所で配布しています

明石市防災センター           明石市役所本庁受付
消防署 朝霧分署          大久保市民センター
消防署 中崎分署          魚住市民センター
消防署 大久保分署         二見市民センター
消防署 江井島分署
消防署 魚住分署
消防署 二見分署

 各消防署電話番号はこちら

  💡  ダウンロードされる方   💡
次のファイルをダウンロード後、印刷してください

 印刷用はこちらをクリック ☞ 119コールシート印刷用 A3版 (PDFファイル5MB)

 説明書はこちらをクリック ☞ 119コールシート説明書 A4版 (PDFファイル667kB)

 ※印刷時の注意点

①119コールシートはA3版です
A3版印刷対応プリンターをお持ちでない方は、印刷時にA4版に縮小するなど操作が必要です
②プリンター機能により印刷方法が異なります

  • 両面印刷機能があるプリンター
    「両面印刷」にを入れて印刷してください
  • 両面印刷機能がないプリンター
    1ページ目を印刷後、裏返して2ページ目を印刷してください

通信指令員による口頭指導

119番通報時、心肺停止状態や応急処置が必要な傷病者の場合は、通信指令員の口頭指導として明石市消防本部では通報者に心肺蘇生法の指導や応急処置をお願いすることがあります。これは、救急車が必要な方の容態の悪化を防ぎ苦痛の軽減を図ること、心肺停止者に対しては、その場に居合わせた方が心肺蘇生法を実施し救急隊に引き継ぐことで救命率が向上することから、積極的に行っています。安心して通信指令員の指示に従ってください。

 口頭指導についてはこちらをクリック ☞ 119番による口頭指導

電話機器のスピーカー設定

電話設定の中には、受話器を持たなくても通話できるようになるスピーカー設定というものがあります。両手が空いた状態で通信指令員と通話のやり取りができるので、先述の口頭指導の際にはとても便利な機能です。一度ご自身の携帯電話やご自宅の電話機能を確認してみてください。

スピーカフォン機能を使ってみましょう
スピーカー機能を使ってみましょう

 

 

明石市消防局 情報指令課 について

【お問合せ】 明石市消防局 情報指令課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5945 ファックス:078-927-0119

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*