平成28年度 危険物安全週間が始まります

H28kikennbutu

平成28年度危険物安全週間推進標語

「危険物 決めろ無事故の ストライク」

安全週間:6月5日(日)から6月11日(土)まで

1 危険物安全週間とは

危険物の保安に対する意識の高揚と啓発を推進するために、平成2年消防庁により制定され、毎年6月の第2週(日曜日から土曜日までの1週間)に実施されています。

2 明石市消防本部の取り組み

  • 危険物安全講演会を開催します 

安全週間、明石市危険安全講演会を明石防火協会の協賛を得て開催いたします。

日時:6月7日(火曜日)14時00分から16時00分まで

場所:明石市立産業交流センター

講師:東京大学大学院 教授 土橋 律 氏

演題:「危険物施設における火災、爆発事故対策~火災、爆発現象の理解から考える~」

定員:200名

【申込み方法】

事前申込で先着順ですので、参加を希望される方は、明石市消防本部予防課までお問い合わせの上、下記のバナーから「危険物安全講演会参加申込書」をダウンロードして531日(火)までに消防本部予防課までFAX又はご持参ください。

  • 危険物許可施設への査察を実施します

消防本部・消防署は明石市内にある危険物製造所等に対して、施設が正常に維持管理されているか査察を実施します。

ひとたび事故が起きれば被害が大きくなる傾向にある危険物施設の安全を確認し、事故防止に努めます。

3 「危険物」とは?

消防法で定められているもので、一般的に次のような危険性を持った物品をいい、私たちの身近なものでは、ガソリン、軽油、灯油の他にペンキやシンナーなどの塗料類、アルコール消毒液やキャンプ用の燃料等があります。

4 家庭内で危険物事故を防ぐポイント

  • 子どもの手の届かないところに置く
  • 容器のふたは確実に閉める
  • 直射日光が当たる所など高温になるところは避け、風通しの良い所で保管する。
  • 使用中は定期的に換気する。
  • 保管場所、使用中は火気厳禁

5 危険物は正しい容器に入れ安全に管理してください

  • ガソリンや軽油はポリ容器で保存・運搬することはできません。
  • 性能試験に合格した金属容器を使用してください。
  • 灯油用ポリタンクは灯油のみ性能試験に合格した容器であり、ガソリンや軽油など他の危険物を入れて保存・運搬することはできません。

6 危険物を取扱っている意識を・・・

  • 危険物はその性状から「危険」という名がつけられています。
  • 取扱いの際は、危険物を取扱っている「意識」を持つことが必要です。
  • 正しい知識と、取扱いで事故を未然に防ぎましょう。

明石市消防局 予防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 予防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5272 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*