平成28年春の火災予防運動を実施しました!!

「無防備な 心に火災が かくれんぼ」

(平成27年度全国統一標語)

 

市民の皆様に防火・防災に関する意識や防災行動力を高めていただくことにより、 火災の発生を防ぎ、火災から尊い 命と大切な財産を守ることを目的として、重点的な火災予防啓発活動を実施しました。

春の火災予防運動期間
平成28年3月1日(火)から3月7日(月)までの7日間

春の火災予防運動前後期間
平成28年2月23日(火)から3月14日(月)までの21日間

 (取組内容)

1 住宅防火対策の推進

住宅用火災警報器の普及啓発を実施
実施内容

高齢者(65歳以上)の割合が高い自治会又は町内会を対象として、一般住宅に消防職員が訪問し、住宅用火災警報器の設置状況についての聞き取り調査と啓発を行いました。

住宅用火災警報器が未設置の住宅へは設置を推進し、設置されている住宅へは定期的に作動確認を実施するなど、維持管理についての広報を行いました。

houmonn


10年たったら、とりカエル。

住宅用火災警報器は、10年を目安に交換をおすすめします。古くなると電子部品や電池切れなどで、火災を感知しなくなることがあるため、10年を目安に交換しましょう。
torikaeru_B

設置時期を調べるには
住宅用火災警報器を設置したときに記入した「設置年月」、または本体に 記載されている「製造年」を確認してください。

定期的に作動確認をし、音を聞きましょう

住宅用火災警報器


2 福祉施設における防火安全対策の徹底

夜間帯を想定した防火訓練指導を実施

 実施内容

3月4日(金)、宿泊を伴う福祉施設、『カサブランカ八木』、『ふぁ~みんの里明石』に於いて、夜間帯における火災を想定した防火訓練指導を実施しました。

職員が少ない夜間帯において、早期に火災を発見し、避難誘導などを実施させることによって、関係者の防火意識を高め、訓練により得られた結果をもとに、更に適切な防火管理体制を構築させることを目的とします。

CIMG0119
①発見・通報 火災を発見し、消防用設備で火災を知らせている様子
DSCN0370
②初期消火 消火器を使用した初期消火を実施している様子
DSCN0404
③避難 車いすを使用し、利用者を迅速に避難させている様子

 

明石市消防局 予防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 予防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5272 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*