ガソリンの購入及び運搬について

ガソリンスタンドでは、原則としてガソリンを容器に詰め替える行為を前提としていませんが、やむを得ず危険物を容器に詰め替える場合は、消防法令に適合した容器であることが必要です。
その内容は次のとおりですから、市民のみなさんもご注意してください。
セルフガソリンスタンドでは、消防法令に適合した容器(携行缶)であっても顧客自らがガソリンを容器に詰め替えさせることは禁止されています。

ガソリンを「ポリ容器」で購入することはできません。

質問1:

ガソリンスタンドで、灯油を入れたポリエチレン製18リットルの容器には、なぜガソリンを販売してくれないのですか?
回答1:

ガソリンは揮発性が高く、危険性が大きいため、ポリエチレン製の18リットル容器は、ガソリンの容器として使用できません。

質問2:

ガソリンはどのような容器で購入して、運搬すればいいのですか?
回答2:

危険物の運搬に使用する容器については、危険物の性質や危険性に応じてそれぞれ容器の材質や容量が消防法で定められています。

金属製の認定容器(携行缶)は、ホームセンターやガソリンスタンド等で一般的に販売されていますで、専用の容器で購入しましょう。

金属製の容器であってもオイル缶はガソリンの運搬容器として認められません 

明石市消防局 予防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 予防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5272 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*