事故のない楽しいイベントにするために

イベントで、けが人もなく、無事で楽しい思い出になるよう、関係者の皆さんが実施計画について十分話し合い、主催者として、少しでも不安な部分があるのなら、積極的に相談してください。

LPガス容器取扱いについて(外部サイトへリンク)(経済産業省のページ)

発電機の給油は必ず停止して行ってください

ガソリンは引火点-43度、発火点243度ですので、給油中にこぼれたガソリンがマフラー等にかかると発火する危険が大きいです。
最近、キャンプ場などで見かけるようになったポータブル発電機の燃料を給油するときは必ず発電機を停止させて、しばらく冷やしてから行ってください。
※福知山市の花火大会で発電機の給油中に事故が発生し、たくさんの方が負傷しています。必ず使用機器の説明書等をよく読み、安全に使用してください

灯油タンク・ガソリン携行缶を放置しないでください

灯油用のポリタンクやペットボトルにガソリンを入れることは厳禁です。
また、灯油入りポリタンクやガソリン入り携行缶を炎天下に置いておくとタンク内部の圧力が高くなり、開けた時にガソリン等が噴き出す可能性がありますし、最悪破裂する事があります。

カセットコンロは連結して置いたり、上を覆って使わないでください

カセットコンロを連結して置いて使ったり、ガスボンベの上を覆う大きな鉄板や鍋を置くと加熱し爆発の原因になります。カセットコンロは正しく使用してください。

明石市消防局 予防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 予防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5272 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください