11月9日は「119番の日」

ホームページ確定版

 「119番の日」について

 ~119コールシートで正しい通報を~

「119番」が誕生したのは、昭和2年10月1日です。それまでは「112番」が緊急電話番号として使われていましたが、ダイヤル式に不慣れで誤接続が多いため、地域番号(局番の第一数字)として使われていない「119番」が緊急電話番号に指定されました。

昭和62年から、全国一斉に毎年11月9日が「119番の日」として制定され、この機会に消防の仕事や119番についての正しい知識と理解を深めていただき、防火防災の高揚を図っています。


 

「119番」は、あわてず、正確に

火災や急病、交通事故などが発生した場合、誰でも気が動転し興奮した状態になりがちです。1秒をあらそう時でも落ち着いて119番通報ができるように自治会や事業所などで実施する消防訓練時に通報訓練を積極的に行い、正しい119番通報要領を身につけましょう。(通報訓練時には、事前に消防本部(921-0119)へ連絡が必要です。)

通報は年間約20000件

平成26年中に消防本部が受付した119番通報の件数は、20,968件で、一日に平均すると57件、約25分に1件の割合で受付したことになります。(表1「119番受付状況」参照)

119受付状況
表1  119番受付状況

 

およそ4割が、緊急性のないもの

119番回線は、消防車や救急車を要請するための緊急専用電話ですが、「病院の問い合わせ」や「いたずら」など緊急ではない通報が増加しています。(図1「119番受付内容(平成26年中)」参照)

図1「119番受付内容(平成26年中)」
図1「119番受付内容(平成26年中)」

このような緊急性のない通報が増えると、緊急回線にも限りがありますので、本当に消防車や救急車が必要な方からの通報が遅れ、一刻を争う事態への対応が遅れることになりますので、病院の問い合わせなどは、消防本部代表電話をご利用ください。

明石市消防本部代表:☎078-921-0119

 


 明石市消防本部の119番通報システム

明石市消防本部管内で119番通報すると、明石市消防本部の高機能消防指令センターにつながり、そこから災害現場に最も近い消防隊や救急隊に出動指令を出します。したがって、消防隊や救急隊が迅速に災害現場に到着するためには、住所や災害内容などの正しい情報が必要となります。いざという時に備えて、電話のそばに「住所、名前、目標、電話番号」を記入したメモなどを準備しておきましょう。

火災の通報要領
火災の場合の通報要領

 

救急の通報要領
救急の場合の通報要領

 

 💡  消防本部では、いざという時に正しい119番通報ができるように「119コールシート」を作成していますので是非ご利用ください。

 


 

119コールシートとは

119コールシートは、1秒をあらそう様な時でも落ち着いて119番通報ができるよう、通信指令員(以下、「指令員」という。)が、お聞きする内容を事前に理解していただき、記入しておくことで、「もしもの時」消防車や救急車が、1秒でも早く到着できるように作成したものです。(図1「119コールシート表面」参照)

できあがりがこちら↓↓

119コールシート完成版
この状態で普段よく目にするところに貼ってください

引き出すと・・・

119コールシート 表面
図1「119コールシート表面」

そのほか「119コールシート」には、家族や同僚など自分の身近な人が突然倒れ反応がなく心肺停止が疑われるときなど、119番通報時に指令員によって行われる「口頭指導」(救急通報により指令員が適切なアドバイスを行うこと)を、より理解し易くするため、心肺蘇生に必要な「胸骨圧迫(心臓マッサージ)部位」なども掲載しています。(図2「119コールシート裏面」参照)

 

119コールシート 裏面
図2「119コールシート裏面」

 

「119コールシート」を使って、正確で迅速な119番通報を行いましょう 😆

 

💡  次の場所で配布しています

明石市防災センター          明石市役所本庁受付
消防署 朝霧分署          大久保市民センター
消防署 中崎分署          魚住市民センター
消防署 大久保分署         二見市民センター
消防署 江井島分署
消防署 魚住分署
消防署 二見分署

各消防署電話番号はこちら


 

😀  ダウンロードされる方  😀
次のファイルをダウンロード後、印刷してください

印刷用はこちらをクリック ☞ 119コールシート印刷用 A3版 (PDFファイル5MB)

説明書はこちらをクリック ☞ 119コールシート説明書 A4版 (PDFファイル667kB)

※印刷時の注意点

①119コールシートはA3版です
A3版印刷対応プリンターをお持ちでない方は、印刷時にA4版に縮小するなど操作が必要です
②プリンター機能により印刷方法が異なります

  • 両面印刷機能があるプリンター
    「両面印刷」に☑を入れて印刷してください
  • 両面印刷機能がないプリンター
    1ページ目を印刷後、裏返して2ページ目を印刷してください

 


 

119番通報だけじゃない・・・

あなたにも協力してほしいこと

心停止状態の方を発見し何もしなかった場合と、その場にいた関係者(通報者や家族など)が、心肺蘇生法を実施し救急隊に引き継いだ場合とでは、心肺蘇生を実施し救急隊に引き継いだ場合の方が、救命率が向上しています。

消防本部では、119番通報を受け付けたときに通報内容から、応急処置が必要と判断した場合、電話を切断することなく通報者に対して、応急処置の方法を指導(口頭指導)しています。もしも、あなたが通報者になったとき、落ち着いて指令員の指示どおりに周りの方たちと協力して応急処置を行ってください。

明石市消防局 情報指令課 について

【お問合せ】 明石市消防局 情報指令課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5945 ファックス:078-927-0119

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*