JR明石駅「救急フェアー」に参加しました

平成27年6月27日(土)に、JR明石駅でJR日本あんしん社会財団が主催する「救急フェアー ~身につけよう救命処置~」が開かれました。

当日は、JR西日本職員、明石市消防本部職員と共に兵庫県立大学看護学部ライフサポート部の看護学生ボランティア4名が講師を務め、明石駅を利用する47人の市民に心肺蘇生法と自動体外式除細動器(AED)の正しい使い方を体験して頂けました。

会場では、心肺蘇生法のほか、駅員や消防隊員の「子供用制服試着コーナー」かも設けられ、JR西日本のマスコットキャラクター「イコちゃん」との写真撮影をする親子連れの姿も見られ約160人の方が参加されました。

4箇所のブースで心肺蘇生法を体験していただきました。
4箇所のブースで心肺蘇生法を体験していただきました。
人工呼吸の練習の様子
人工呼吸の練習の様子
胸骨圧迫(心臓マッサージ)の様子
胸骨圧迫(心臓マッサージ)の様子
AEDの使い方の説明を受ける様子
AEDの使い方の説明を受ける様子
兵庫県立大学生が熱心に説明をする様子
兵庫県立大学生が熱心に説明をする様子

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*