大規模工場跡地を利用した消防訓練を実施しました

平成27年6月2日(火)から6月12日(金)までの土日を除く9日間、明石市消防本部では、市内にある日本たばこ産業株式会社の工場跡地を利用して様々な消防訓練を実施しました。

期間中、大規模工場火災を想定した訓練、指揮隊を中心とした災害対応能力向上訓練や、他都市消防機関(神戸市消防局、加古川市消防本部)との合同訓練も行われ連携活動が強化されました。

訓練は、本番さながらの緊迫した状況で行われ、隊員にとって貴重な経験となりました、本訓練で習得した知識、技術が実災害時で生かされるよう鋭意邁進まいります。

また、訓練にご協力いただきました近隣住民の方々に対しまして、この場をおかりして心からお礼申し上げます。

今後とも、当市消防行政に対し皆様のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。

大規模工場火災を想定した訓練

明石市消防本部消防隊が屋内進入を実施しているところの様子
明石市消防本部消防隊が屋内進入を実施しているところの様子
援護注水※1)を受けながら開口部に取り残された要救助者を梯子車で救出する様子 ※1)援護注水とは、逃げ遅れた人や消防隊員を火から守るために使う放水のことです。
援護注水※1)を受けながら開口部に取り残された要救助者を梯子車で救出する様子
※1)援護注水とは、逃げ遅れた人や消防隊員を火から守るために使う放水のことです。

指揮隊を中心とした災害対応能力向上訓練

指揮隊に配備された情報機器で建物情報等を活用し作戦を立案する様子
指揮隊に配備された情報機器で建物情報等を活用し作戦を立案する様子

指揮隊連携2

他都市消防機関との合同訓練

訓練前に訓練概要の説明を行っている様子
訓練前に訓練概要の説明を行っている様子
神戸市消防局と明石市消防本部の合同現場指揮所で指揮隊が救出方法や、効率よく消火するため活動方針を立てている様子
神戸市消防局と明石市消防本部の合同現場指揮所で指揮隊が救出方法や、効率よく消火するため活動方針を立てている様子
加古川市消防本部の高度救助隊によるブリーチング※2)訓練の様子 ※2)ブリーチングとは、災害現場などで家屋の倒壊により生き埋めになった方を救出するため、ハンマードリルやエンジンカッターなどを使用して壁や床に穴を開け開口部を作成する手法です。
加古川市消防本部の高度救助隊によるブリーチング※2)訓練の様子
※2)ブリーチングとは、災害現場などで家屋の倒壊により生き埋めになった方を救出するため、ハンマードリルやエンジンカッターなどを使用して壁や床に穴を開け開口部を作成する手法です。
神戸市消防局の消防隊員によって、閉鎖されているシャッター内に進入するため、エンジンカッターを使用して破壊している様子
神戸市消防局の消防隊員によって、閉鎖されているシャッター内に進入するため、エンジンカッターを使用して破壊している様子

明石市消防局 警防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 警防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5271 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*