第71回全国消防長会救急委員会を明石市で開催しました

平成27年5月12日(火)明石市内のホテルキャッスルプラザにおいて「全国消防長会救急委員会」が開催され、全国から40名の消防長が出席されました。

全国消防長会救急委員会は全国消防の健全な発展に寄与することを目的に本会の中枢機関として7委員会の一つに位置づけられています。

救急委員会では、「救急車の適正利用PRポスターの審査結果」の報告や、「転院搬送における救急車の適正利用等に係る要望について」の審議、「エボラ出血熱患者の移送に係る協力について」及び「学校における応急手当普及啓発の取組について」の情報交換が行われました。

また、兵庫県立加古川医療センター 救急救命センター長 当麻 美樹医師より「病院前救急診療とメディカルコントロール~ドクターカー・ドクターヘリをいかにうまく使いこなすか~」の講話が行われました。

第71回全国消防長会救急委員会の様子
第71回全国消防長会救急委員会の様子
開催市挨拶 明石市長 泉房穂
開催市挨拶 明石市長 泉房穂
兵庫県立加古川医療センター 救急救命センター長 当麻 美樹 医師 による講話の様子
兵庫県立加古川医療センター 救急救命センター長 当麻 美樹 医師
による講話の様子

全国消防長会(外部リンク) http://www.fcaj.gr.jp/index.html

ホームページ管理者 について

明石市消防局ホームページの管理者です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*