MCLSマネージメントコースが開催されました

平成27年3月14日(土)明石市防災センターにおいて「MCLSマネージメントコース」が開催されました。市内では、過去に標準コースを5回開催しましたが、マネージメントコースとしては初の開催となりました。

「MCLS」とは、「Mass Casualty Life Support : 多数傷病者への医療対応標準化トレーニング」の略で、日本集団災害医学会が管理・運営する消防職員、自衛隊職員、DMAT等の医療救護班など、災害や多数傷病者発生時の初期対応者となりうる要員を対象とした災害医療の研修コースです。
また、マネージメントコースは、災害現場で活動の指揮・管理を行う者を対象として、標準コースのプログラムから、特に「災害現場対応の原則を理解し実践できる」「現場救護所の運営ができる」などに、受講目標の重点を置いて開催されるコースです。

開催時の様子
MCLSマネージメントコース1  MCLSマネージメントコース2

MCLSマネージメントコース3  MCLSマネージメントコース4

当日は、県内の消防職員、警察職員、医療関係者などの受講者24名とインストラクター・運営スタッフ30名の総勢54名の参加となりました。

明石市消防本部から受講した4名からは、「多数の傷病者が発生する災害対応の難しさを実感するとともに、普段から他職種の方と連携を図っておくことの重要性を再認識した。」「今後の活動に活かしていきたい。」などの感想があり、有意義な研修となりました。

コースに参加された皆さま、お疲れさまでした。

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*