9月9日は「救急の日」

救急の日  「救急の日」は、救急業務及び救急医療について、正しい理解と認識を深めていただくとともに、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として昭和57年に定められました。

毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む1週間を「救急医療週間」(本年は9月7日から14日)としています。

 救急医療週間の取り組み

消防本部では、救急医療週間中に「救急フェア」と題して下の取り組みを実施します。

【目的】
高齢者等災害弱者が多数入居している施設において、入居者の救急需要が増加していることを踏まえて、施設職員の応急手当の知識の再確認と技術の維持向上を図るとともに、関係機関との協力体制の確立と連携を図ることを目的とします。

【日時及び実施場所】
1. 特別養護老人ホーム清華苑
平成26年9月8日13時30分から16時30分
2. 特別養護老人ホーム松が丘すみれ園
平成26年9月10日13時00分から16時00分
3. 社会福祉法人明石愛老園
平成26年9月12日13時30分から16時30分

【内容】 各施設を管轄する救急隊員が、施設の職員対して以下の指導を実施します。 また、兵庫県立大学看護学部ライフサポートサークルからも応急手当の指導員として参加していただきます。
(1)救急車の適正利用についての説明
(2)応急手当の実施

救急車の適正利用を! 

明石市内では平成26年1月から6月の本年度上半期の救急出動件数が、前年同期と比較して71件増の6,393件と、過去最高となっています。 救急車の適正

軽症患者の割合が約4割を占めており、本当に救急車を必要とする人のため、救急車の適正利用にご協力ください。

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*