「文化財防火デー」に伴う消防訓練及び文化財防火パトロールを実施

昭和24年1月26日に、現存する世界最古の木造建造物である法隆寺の金堂が炎上し、壁面が焼損したことを契機に、この日を「文化財防火デー」と定め、全国的に文化財防火運動を展開しています。

消防本部では、文化財を火災、震災その他の災害から守り、市民の文化財愛護の意識高揚と文化財の防ぎょ体制に万全を期することを目的に、消防訓練及び文化財防火パトロールを実施しました。

<消防訓練>
日時
 平成27年1月26日(月)午前10時から午前10時30分まで
場所
 明石市魚住町中尾1031番地  住吉神社
訓練内容
住吉神社桜門付近において、何者かが投げ捨てたタバコの火が風にあおられて付近の枯草に着火し、立木などに延焼拡大している。これを発見した市民は、宮司に知らせるとともに119番通報及び初期消火を行う。なおも、火災は拡大し、貴重な文化財である桜門に燃え移りそうになったため、消防署、消防団による消火活動及び兵庫県消防防災航空隊による情報収集訓練を実施する。
参加人員(車両)
消防本部 30名(車両3台) ・ 消防団 5名(車両1台) ・ 婦人防火クラブ 2名
住吉神社 2名 ・ 兵庫県消防防災航空隊 6名 / 合計 45名(車両4台 ・ ヘリ1機)
訓練の様子
発見初期消火
市民が火災を発見し、119番通報ととに初期消火を実施
ヘリから情報提供
兵庫県消防防災航空隊が火災現場上空からの情報収集を実施
桜門に筒先配備
桜門付近に消防隊が筒先配備を実施
放水
消防団とともに放水を実施
ヘリから1
兵庫県消防防災航空隊から情報提供された消防活動の様子

<文化財防火パトロール>
日時
平成27年1月26日(月)午前9時から午後4時まで
場所
市内全域20ヶ所
概要
文化財を保管する寺社及び都市景観形成重要建築物を対象に、消防設備の維持管理状況や防火管理の体制について点検、指導を実施しました。
パトロールの様子
パトロール1
柿本神社に対する点検、指導の様子
パトロール2
月照寺に対する点検、指導の様子

 

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*