最新鋭のはしご車を更新配備しました

明石市消防本部では、平成26年12月1日に最新鋭の40m級はしご車を更新配備しました。

<更新されたはしご車の主な特徴>

1 バスケットの許容荷重が400㎏(定員約6名)で、一度に救助できる人数が、以前のはしご車より倍以上となります。

2 要救助者を担架に寝かせた状態で救出する場合には、バスケットに専用の担架吊り下げ器具を装備することで、迅速な救出活動が可能となります。

3 伸縮式水路管(はしごの伸縮する動きに合わせて自動で伸び縮みする鉄製の管)を装備しており、放水するまでの時間を大幅に短縮することができます。

4 はしごに発生した揺れをコンピューター制御で抑制する制振制御装置を装備し、より安全で迅速な救助活動が可能となります。

5 後輪ステア機能(4WS)の装備により、小回りが効き機動性が向上しています。

隊員は、運用開始前から消防署で操作訓練や想定訓練を実施し、新はしご車の能力を存分に発揮できるように日々訓練を行っています。
最新鋭のはしご車は、想定訓練等を終了した平成27年1月30日から運用を行い、市民の安全・安心の確保に努めてまいります。

はしご40

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*