集団災害想定訓練を実施しました

消防本部では、集団災害が発生した初期段階に、人員・車両等の保有する消防力を最大限に発揮するための活動体制の確立及び部隊の対応能力向上を主眼とした図上訓練及び実動訓練を実施し、集団災害対策の検証、改善を図っています。

平成26年11月4日、消防署の指揮隊及び各部隊の隊長ら約30名が参加し、集団災害を想定した図上訓練を実施しました。

【訓練手法】
単に紙面(ボード)上に活動内容を書き込み、コマを動かして訓練を進めるだけでなく、災害発生場所や救護所として設定した箇所に、傷病者に見立てたペットボトルを動かすことで、隊員や傷病者の流れを確認できるようにするなど、災害時の実際の動きに近づくように工夫しています。

【訓練時の様子】

救急隊が現場確認最先着の救急隊長が災害現場を確認し、関係者と接触しています。
他の救急隊員は、1次トリアージを開始しています。


後続隊が到着後続の部隊が到着。先着の救急隊長が状況を説明し、任務分担をしています。


後続隊の部署位置後続隊の車両部署位置を示しています。


SONY DSC指揮隊が到着。情報収集し現場活動を統制します。


2次トリアージ災害現場から2次トリアージ場所に傷病者が搬送されてきました。


救護所の活動救護所では、医師による治療が行われています。


救護所にて救護者管理ボード救護所内に設置した管理ボードを活用して搬送の優先順位などを決定します。


病院搬送指揮隊が傷病者の搬送先病院及び搬送隊を決定し、病院搬送を開始します。


 

【訓練結果】
訓練目標としていた「指揮命令系統の確立及び情報伝達」は、概ねスムーズに展開でき、指揮隊が収集した情報は、現場の活動隊にも共有できたと考えられます。
今回の訓練で新たな取り組みとして検証の対象としていたものにも有効性が確認されました。一方で、新たな課題もいくつか出てきましたので、消防体制について更なる改善を図り、実災害に万全を期したいと思います。
また、12月14日に予定されている「集団災害対応訓練」では、今回の訓練結果を踏まえて、より実りのあるものにしたいと思います。

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*