11月9日は「119番の日」です!

119番の日

~迅速・的確な消防活動のために~

11月9日は、消防と一般の方々との結びつきを象徴するダイヤルナンバーにちなみ「119番の日」として定められています。消防に対する正しい理解と認識を深めていただくために119番通報時の留意点をまとめましたのでご活用ください。

How to 119番通報
一刻一秒を争う消火活動や救急・救助活動の始動のために119番通報は重要なものです。
119番通報の受信は、管轄する消防本部の指令室や消防署所の通信室で行っています。年間の119番通報件数は全国で856万件(平成23年中)にのぼっており、統計的にみると3.7秒に1回、15人に1人が119番通報をしていることになります。いつ、通報する場面に遭遇するか分かりませんので、いざという時のために、119番通報にあたっての留意事項を紹介します。

  • 一般的な留意事項

119番通報の際、消防本部等の指令管制員から「火事ですか?救急ですか?」と聞かれます。また、次のような情報をお尋ねしますので、落ち着いて対応をお願いします。

<火災の場合>

  • 住所(近くの目標物・ビル等の場合、何階か?)
  • 何が燃えているか?
  • 逃げ遅れはいないか?
  • 通報者の氏名・電話番号

<救急の場合>

  • 住所(近くの目標物・ビル等の場合、何階か?)
  • 誰がどうしたのか?
  • 通報者の氏名・電話番号

<事故の場合>

  • 住所(近くの目標物等)
  • どういう事故か?
  • 怪我人(閉じこめられている人)はいるか?
  • 通報者の氏名・電話番号

なお、緊急通報の際、通報内容から傷病者の生命がおびやかされていると思われる場合、傷病者への気道確保や胸骨圧迫(心臓マッサージ)などの応急手当をお願いすることがあります。また、適切な病院搬送を行うため、傷病者の年齢、持病、かかりつけの病院などをお尋ねする場合があります。

  • 携帯電話からの通報にかかる注意点

近年、携帯電話の普及に伴い、携帯電話による119番通報は通報総数の約4割を占めています。平成19年4月より、携帯電話からの119番通報時に、通報者の位置情報が消防本部に通知されるシステムの運用が始まりました。

明石市消防本部では位置情報を通知するシステムは導入されていますが、迅速かつ的確な消防業務を行うため、次の点についてご協力をお願いします。

  • 通報場所の住所の確認をお願いします。分からない場合は、近くの人に聞く、道路の看板、電柱等で確認するなどの手段があります。
  • 確認のため、消防本部から折り返し電話をかけることがあります。通報後も携帯電話、PHSの電源は入れたままでお願いします。
  • IP電話からの通報にかかる注意点

加入者番号が「050」から始まる電話番号は、119番通報できないものがありますので、自宅のIP電話が緊急通報に対応しているか、契約しているIP電話事業者に確認してください。対応していない場合は、携帯電話から119番通報するか、お住まいの地域を管轄している消防本部の電話番号を控えておけば、いざという時に慌てずに通報できます。

  • 音声以外の119番通報

明石市消防本部では電話による音声言語による119番通報が困難な方のため119番緊急通報手段として、FAXや携帯電話のWeb(インターネット)機能を利用して文字情報による119番通報を受け付けています。通報には、明石市消防本部への事前登録が必要となります。下記のページに登録要領が記載されています。

緊急通報システムWeb119の登録について(関連リンク)

  • 119番通報の訓練をしよう!

火災や救急の必要な場面に遭遇したときには、落ち着いて119番通報することが大切です、いざというときに、冷静に必要な情報を伝えるのは難しいことです。このため、消防本部では地域の消防訓練などにあわせて、119番の通報訓練を受け付けています。

これは、事前に通報訓練を行うことを連絡した上で、実際に119番通報を体験できるものです。通報訓練を体験しておけば、実際の通報時には大変有効と考えられますので、ご希望の場合には、明石市消防本部情報指令課(078-921-0119)へご相談ください。

 

明石市消防局 情報指令課 について

【お問合せ】 明石市消防局 情報指令課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5945 ファックス:078-927-0119

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*