平成26年度緊急消防援助隊近畿ブロック合同訓練に参加しました

平成26年10月18日(土)、19日(日)、和歌山県にて緊急消防援助隊近畿合同訓練が実施されました。
明石市消防本部からは指揮隊1隊、後方支援小隊1隊の合計7名が参加しました。

訓練想定

1日目〔10月18日(土)〕
南海トラフを震源とする大規模地震及び津波を想定し、甚大な被害が発生したため、和歌山県は緊急消防援助隊の出動を要請し、要請を受けた緊急消防援助隊は被災地へ出動し、消火、救助及び救急活動の訓練を実施する。

2日目〔10月19日(日)〕
和歌山県に出動した緊急消防援助隊は、各災害現場において消火、救助及び救急活動の訓練を実施するとともに、関係防災機関と連携して実践的な部隊運用訓練を実施する。

阪神南防災拠点にて集結

 兵庫県下各隊が阪神南防災拠点に集結し和歌山県に向けて出発しました。

IMG_5045

エアテントの設営及び非常炊き出し等の野営訓練を実施しました。

他県との指揮隊

 滋賀県大津市消防局の指揮隊と協力し現場活動の指揮統制を実施しました。

県下消火活動地震により家屋から火災火災が発生したと想定し兵庫県下の消火隊により消火活動が行われました。


緊急消防援助隊とは

大規模災害や特殊な災害が発生したとき、被災地の消防機関だけでは、対処できないことも想定されます。 そんなとき、被災地の要請を受け、地域を超えて消火・救助活動をする応援部隊のことを「緊急消防援助隊」といいます。
緊急消防援助隊は、平成7年阪神・淡路大震災を教訓に、全国の消防機関による応援を速やかに実施するため創設されました。

明石市消防局 警防課 について

【お問合せ】 明石市消防局 警防課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5271 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*