救急フェアを実施

救急の日とは

「救急の日」は、救急業務及び救急医療について、正しい理解と認識を深めていただくとともに、救急医療関係者の意識の高揚を図ることを目的として昭和57年に定められました。
毎年9月9日を「救急の日」とし、この日を含む1週間を「救急医療週間」(本年は9月7日~14日)として、各地において応急手当の講習会を中心とした救急に関する様々な行事が実施されています。

救急フェアの実施について

消防本部では、救急医療週間中に「救急フェア」と題して下記の取り組みを実施しました。

目的

高齢者等災害弱者が多数入居している施設において、入居者の救急需要が増加していることを踏まえて、施設職員の応急手当の知識の再確認と技術の維持向上を図るとともに、関係者との協力体制の確立と連携を図る。

実施場所
  • 平成26年9月8日、特別養護老人ホーム清華苑(大久保町大窪)
  • 平成26年9月10日、特別養護老人ホーム松が丘すみれ園(松が丘北町)
  • 平成26年9月12日、社会福祉法人明石愛老園(魚住町清水)
実施内容

救急車の適正利用について説明

ためらわずに救急要請をすべき症状を説明
予防救急の説明
脳梗塞及び大腿骨骨折による要介護者を減少させるために
口頭指導の説明
心肺蘇生法、異物除去法、止血法、熱傷、四肢切断に対する口頭指導について
応急手当の実技
心肺蘇生法について、市民救命士講習を受講

実施中の風景

特別養護老人ホーム清華苑(9月8日13時30分~16時30分)救急フェア清華苑2  救急フェア清華苑3
救急フェア清華苑3  救急フェア清華苑4

特別養護老人ホーム松が丘すみれ園(9月10日13時00分~16時00分)
救急フェアすみれ園2  救急フェアすみれ園2
救急フェアすみれ園3  救急フェアすみれ園4

社会福祉法人明石愛老園(9月12日13時30分~16時30分)
救急フェア明石愛老園1  救急フェア明石愛老園2
救急フェア明石愛老園3  救急フェア明石愛老園4

ご協力いただいた3施設の関係者の方々
ありがとうございました。
また、今年は兵庫県立大学看護学部ライフサポート部
の方々に心肺蘇生法の指導員として、ご協力をいただ
きました。ありがとうございました。
 74_syota

明石市消防局 総務課 について

【お問合せ】 明石市消防局 総務課 兵庫県明石市藤江924-8 電話番号:078-918-5941 ファックス:078-918-5983

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*