文化財防火デー消防訓練に参加しました

1月26日(金)午前10時から住吉神社において、火災、震災等の災害から文化財を守り、市民の文化財愛護の意識高揚と文化財の防ぎょ体制に万全を期することを目的に、実施されました消防訓練に参加しました。 訓練想定は住吉神社楼門付近において、何者かが投げ捨てたたばこの火が風に煽られ、付近の枯草に着火、周囲の立木等に延焼。火災を発見した参拝者が宮司に知らせ、119番通報を行い、初期消火を実施するも火災はさらに延焼拡大し、貴重な文化財の楼門に燃え移りそうになったもので、119番通報と初期消火を行いました。

訓練の様子


住吉神社楼門付近から白煙が立ち込めているのを参拝者(婦人防火クラブ)が発見!


参拝者(婦人防火クラブ)がその場で119番通報


消火器にて参拝者(婦人防火クラブ)が初期消火を実施


訓練終了、講評の状況

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*